太陽の涙

tearsofsun.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 15日

寛大

f0038032_063331.jpg
今の職場で、私にしては珍しい事を言われた。
「太陽さんは、寛大ですね。」

今まで、“暴れん坊将軍”だとか、
コミック「動物のお医者さん」に登場する“漆原教授”だ
と言われてきた私が寛大らしいですよ。
つまり、自分の事しか考えていないゴーイングマイウェイな奴。

私を寛大だと言った彼女は、私よりも若い女性。
彼女がなぜ私を寛大だ、と思うのか。



それは、私が愚痴を言わないからだそうです。

クライアントや上司からの無理難題な注文に、
アンビリーバボーな程の残業、
その結果、スズメの涙並の給料。

まあ、そりゃ愚痴も言いたくなるわよね。
でも。
でも、愚痴を言ったからって何かが変わる訳じゃない。
何かを変えたいなら、それは愚痴じゃなくて提案だ。
何も変える力のない愚痴を言って時間が過ぎてしまうよりは、
1つでも仕事をこなした方がいい。
私にとって、時間はタダではないのだから。

そして、私が愚痴を言わないもう1つの理由。
それは、ネガティブな事を一度口にしてしまったら、
それが現実のものになってしまいそうだから。
心で思っていても誰かに聞かれさえしなければ、
まだ自分をごまかす事が出来る。
もしかしたら嫌じゃないかもしれない、ってね。
そうやって、わたくし日々自分を
ごまかしながら生きておりますの。
それがいい事かどうかはわからないけど、
愚痴を言うよりは、ポジティブでいられるでしょ。

人気blogランキングに参加しています。
私を寛大だと言った彼女から、愚痴を聞かなくなる日が
一日でも早く来ればいいなって思う。
そうしたら、彼女ももっと心穏やかになれるだろうから。
[PR]

by tearsofthesun | 2006-05-15 00:08 | 勝手にマイphilosophy


<< デザイナー or クリエイター      埠頭 >>