太陽の涙

tearsofsun.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 23日

京都 – 平等院編

さて。
京都最終話(話って程話していないじゃないか)は、
宇治は平等院でございます。

宇治は、京都駅より更に東南に位置しています。
京都の粋な華やかさとは、ちと趣が異なり、
広々とした大らかさを感じる事ができます。
(って勝手に思ったんだよね。)
f0038032_13303564.jpg
だって、この橋の大きい事。
ちなみに、前を歩いているのは、太陽のおかんです。




この宇治橋を渡って、更に歩く事約10分。
10円玉ですよ。
国宝ですよ。
世界遺産ですよ。
始まりは、個人の別荘だったっていうんだから驚きですよ。
それを藤原道長さんが譲り受けてお寺に改めたんですってよ。
f0038032_13311696.jpg
1週間前の京都は、まだまだ桜が残っていて、
平等院でもしだれ桜が満開でございました。

京都の寺に見る庭は、
私のような凡人にはなかなか理解出来ない
難しい哲学を感じるんですが、
平等院のお庭は、えらいシンプルで、
そりゃもう、あるがままって感じですよ。

f0038032_13315193.jpg
余談ですが、
立派なお寺の屋根にちょこんとのっているこの鳥。
つい2年程前までにわとりだと思っていました…。


人気blogランキングに参加しています。
何度訪れても面白い京都。いっそのこと住んでしまいたい。
[PR]

by tearsofthesun | 2006-04-23 13:34 | はみでちゃった子たち


<< 衰え      京都 – 平野屋本店編 >>