太陽の涙

tearsofsun.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 23日

京都 – 平野屋本店編

なかなか更新が出来なくて申し訳ありません。
1週間前の出来事ですが、京都編の続きをもう2話。
本日は、平野屋本店編。

f0038032_037157.jpg
知恩寺を後にして向かった先は、
いもぼうで有名な平野屋本店。




f0038032_0375929.jpg
暖簾をくぐって中に入ると、
江戸時代にタイムスリップしたかのような造り。
円山公園に偉そうに立っている
竜馬どんも同じ暖簾をくぐったのでしょうか。

f0038032_0382682.jpg
いもぼう。
のいもは、海老芋の事。
ぼうは、棒鱈の事。
三百年変わらぬ味だそうですよ、みなさま。
お味は、と申し上げますと。
棒鱈が乾物なので、干した独特の香りといいますか、
好きな人にはたまらない味なんでしょうなぁ。
私は、「体験した」という事に満足させて頂きます。


人気blogランキングに参加しています。
京都を味わう、と同時に江戸も味わえるお店です。
[PR]

by tearsofthesun | 2006-04-23 00:41 | はみでちゃった子たち


<< 京都 – 平等院編      京都 – 手づくり市編 >>